保育士のアルバイトの年代は30代が多いです

近年、保育士のアルバイトをしたい人が急増しています。

保育士の資格を取りたいと考えている人は、いくつかの特徴や、傾向が見られるようです。

最近の傾向としては、男性で資格取得を目指すケースが増えているということです。

以前は女性に限定された職業というイメージが強かった保育士ですが、最近では男性で資格取得を目指す人も増加しています。

20人に1人程度は男性と言われるほど少しずつ増えているのです。

もう1つの傾向としては、20代が多いということです。




20代で保育士資格の取得を目指す人の多くは、学校を卒業しているようで20代の資格所有者は早い時期から志していることがほとんどのようです資格取得のための学校に通えば、国家資格を受験せずに資格取得が目指せます。

保育士資格を持つ人の傾向としては、20代が多いですが30代も多いとされています。

30代の場合は仕事や子育て、家事などが忙しい人が多いため、平行して学習を進めていかなければいけません。

30代はアルバイトとして働いている方が沢山います。




子育てで培ってきたノウハウを活かしたいという人や、新しいことに挑戦したいという理由で資格を取得する人も多いようです。

この理由を持つ人は、子供と接する仕事がしたいと夢を持っていたということが多いとされています。

保育士は子供と毎日接することになるので、子供の気持ちを理解出来る人が保育士に向いていると言えます。

また、子供たちと接するということは、毎日のように突然の出来事に遭遇するということです。

困ったことがあっても、状況を見て臨機応変に対応できることが保育士にとって大切となるのです。

資格が取得できたら、実際に保育所で正社員やアルバイトで働いてみましょう。


Wilson Cham   |  テーマ保育士の一覧2011-08-042011-08-04 2011-08-04

Post a Comment

RSS Feed